小学校の入学式でした

(以下の記事は4月9日のgooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tomita-naoki/にアップしたものです)

 

4月1日が週明けだった新年度、引き続き「保育に欠ける」状態(平たく言えば親が共働き)の息子は、 朝から学童クラブに弁当持参で(妻が慣れない早起きで頑張りました)1週間通うところからスタートし、 昨日(8日)は、小学校の入学式でした。 本人に聞くと、学童にはおかげさまで楽しく通えているようで、私としてはほっとしていましたが、

入学式は緊張しました。1年生一人一人を引率してくれた6年生、歓迎のことばを述べてくれた6年生代表の子、 1年前まで同じ保育園にいた子たちを含む2年生の歓迎の言葉と合奏・・・ とても立派で、驚きました。 息子のほうが緊張していたはずですが。

入学式そのもので感じたことはまたの機会に書きたいと思いますが、 式の後、同じ保育園からのお友達と古巣?の保育園にランドセル姿でごあいさつにおじゃましました。

すると、園長先生と担任だった先生方をはじめ、玄関で待っていてくださっているではありませんか。

区内の別々の小学校に入学したお友達も、学校ごとのグループで次々集結。 親同士も喜びましたが、

卒園以来10日ぶりに、 なじみのお友達と一気に再会できた子どもたちのはしゃぐこと、はしゃぐこと。

これから学校で新しい友達、先生方、職員や地域のみなさんのなかで 成長していってほしいと願っていますが、

発達の基礎のところで育んでいただいた、保育園の絆のありがたさも再確認した日でした。

この日の夜は、夫婦で膨大な配布物(30点近く。これと別にPTAからの配布物の袋も)の確認と、 名前書きに追われました(^^;)

2013年4月10日 4:15 PM | カテゴリー: 家族・子育て

ペ ージトップへ