東京1区で前回比1・7倍。ご支援ありがとうございました・結果のご報告で回っています

141215田町
アップが大変遅くなり、申し訳ありません。 14日投開票の総選挙での、ご支援、ご協力、どうもありがとうございました。

投票率が下がるなか、私、冨田なおきに、 前回の1・75倍の32830票(13.09%)のご支持をいただきました。

千代田区では、前回比1.96倍の2901票(10・98%)(千代田区の比例票は3188票・11・84%)。

港区では、これも前回比1.96倍の10693票(11・38%)(港区の比例票は11064票・11・52%)。

新宿区では、前回比1・63倍の19236票(14・74%)(新宿区の比例票は21004票・15・79%)でした。

1区のおもな候補の結果は、

当 山田みき  自民 前 107015

海江田万里 民主 前  89232

冨田なおき 共産 新  32830

渡辺 徹  次世代 新 18128 で。

 

3度目の国政への挑戦でしたが、 前の2回とは全く違う手ごたえでした。 候補者カーが赤信号で信号待ちをしていると、助手席の私に近寄って握手を求める方が毎日いました。 演説中に、握手を求める方が各演説箇所でいらっしゃいました。「身内」の人はしない行動です。 「安倍さんをぜひ止めてください」 「今度は共産党に入れるしかない」 「冨田さん、がんばって」 こういう熱烈な支持表明。

また、私の演説を、模索しながら聞いてくださった方がものすごくたくさんいたことを実感しました。

神田で、外はすっかり寒い夜7時過ぎに演説していたら、途中でビル2回の窓が静かに開き、手が振られたり。

大久保駅前で、信号待ちしながら私の目の前でじっとこちらを見て聞いていた若い女性が、 信号が青になった時に「がんばって下さい」と言って歩いて行ったり。

抜弁天交差点で演説していたら、信号待ちの車すべてのドライバーが演説を聴いていてくれたり。 演説で連日ふれた、息子の周りの親たちが「戦争で子どもが血を流すのだけは絶対にイヤ」という話、 考えの違った2人の祖父がともに語った「戦争は二度と繰り返してはダメ」の話には、かなりの方がこちらに顔を向けてくれ、 特に強い反応がありました。

初挑戦の2009年、2度目の2012年と、私の話を繰り返し聞いてくださった方々の中で、 「息子さんが小学生になったんだね」 「話に生活感がこもってきた。わかりやすい」など、子育てと生活の中で私が変化、成長する様を見守って下さりながら、 期待を強めてくださる方々の姿にも感激しました。

初めて「勝手連」をつくってくださる方が現れました。公約違反の反省のない民主前職でなく、共産党の冨田を勝たせようと思って下さったそうです。

前回は始まっていなかった選挙本番中のネット活用では、連日たくさんの拡散をしていただきました。 私のツイートをカクサンしてくれた方Aさんと、選挙後にツイッター上でこんな会話がありました。

Aさん「冨田さんが港区や千代田区や神楽坂辺りで寒い中、真面目に地道にやられたから比例で躍進があったのでしょう。六本木ヒルズ周辺とか。仕事で昼間あの辺には莫大な数の人がいるのです。13日の朝も鳥居坂下を宣伝カーでゆっくり走り回っていらした。」

冨田 「見ていて下さったんですね。ありがとうございます!」

Aさん「お疲れ様でした。仕事で動くエリアは冨田さんのエリアと重なるのです。今回だけではありません。冨田さんが真面目に、熱心にやられているお姿は頻繁に出会います。六本木ヒルズも飯田橋も早稲田も三田も住んでいる人たち、働きに来ている人たちが大勢。みんな見ています。」

 

たくさんの方々に支えていただき、たたかいぬくことができました。あらためて、本当にありがとうございます! 総選挙翌日、翌々日と、終日、結果のご報告を東京1区全域で行いました。 宣伝カーで私の口からマイクで流し、ときどき停まって報告の演説をしています。

冒頭の写真は、投票日翌日の1カ所目、大滝実区議と一緒の、港区・田町駅芝浦口です。

141216白金・車

こんな様子で流しています。この写真は白金の星野たかし前区議と、その後継者、小池あいさんが拠点にする事務所から出発する直前に星野さんが撮ってくれたものです。(シートベルトは発車前に着用しました。念のため)

 

141216芝大門

いのくま正一前港区議と、芝大門で。この近くでの宣伝では、トイレ休憩中のタクシー運転手さんから「頑張ったね」と声がかかりました。 牛尾こうじろうさんと車で流した神田では、子育て世代のお母さんが熱烈に手を振ってくれました。

141216飯島

16日、飯島和子千代田区議と、飯田橋駅近くの早稲田通りで。
牛尾こうじろうさんと車で流した神田では、子育て世代のお母さんが熱烈に手を振ってくれました。

番町では、木村正明区議と流し。素敵な身なりのご婦人が「入れたわよ」と声をかけてくださいます。
港区に異動、雪になりそうな雨と風のなか、
青山のピーコック前ではサラリーマンが「入れましたから」と声をかけてくれ、
流して走行中、寒い中、お店の窓ガラスを開けて手を振ってくれる方も。本当に熱い。この思いに応えることが日本共産党に求められていると痛感。

141215沢田

 

この時期、各地の後援会のみなさんが「ごくろうさん会」をやっています。15日は、宣伝カーからただちにおじゃまし、9カ所はしごして、おじゃましています。 この写真は、この日の1カ所目、沢田あゆみ新宿区議の地域のごくろうさん会です。 141206港

家族とゆっくり飲むようにと、ワインと息子用のお菓子のプレゼントを頂戴しました(^^)

141216横田会長

16日、落合の川村のりあき新宿区議の地域のごくろうさん会。 1998年の参院選では比例候補も務められた、横田和俊・新宿後援会長と2ショット。 「これまでの選挙では、候補者演説に誘ってもなかなか出てこなかった方が、先日の新宿区長選では近くでそっと聞いてくれた。 総選挙では、冨田さんの話を目の前で聞いて握手もした」という、うれしい話もうかがうことができました。

2014年12月18日 2:42 AM | カテゴリー: 選挙

ペ ージトップへ