熱い一日! 学生の反応、署名提出、日比谷の集会

(この記事は、facebookに7月15日未明に投稿したものです)

今日も暑い(熱い)一日でした!

四ツ谷

昼休みは四ッ谷の大学前で宣伝。志位委員長の質問ダイジェストDVDや戦争法案のチラシ、赤旗申し込みはがきのセットを配り、戦争法案廃案の署名をよびかけました。
戦争法案に立ち上がる若者、学生を大きく紹介した今日の日刊「赤旗」紙面を掲げていたら、立ち止まった女子学生が。「周りに広めてくださいね」とお願いしたら「わかりました」としっかり応え、新聞の見本も受け取ってくれました。署名も約25筆集まりました。

syomei

午後は、戦争法案廃案署名の提出行動が砂防会館であり、他団体の方々と一緒に、共産党千代田地区の集めた第2次分、1328筆を提出。この日は36万9006筆が提出されました。
宮本徹、まじま省三衆議院議員から国会情勢報告。政府は屁理屈をこねているが、もとむら伸子議員の質問「仮にB国の給油でA国が日本を攻撃したら、日本から見てB国も一体の敵ですよね」の趣旨の質問に政府は答えられず(認めたら戦争法案が憲法違反だと認めたことになる)、審議が止まったなど、単純な質問には実にもろいことが実感できました。

夜は日比谷野外音楽堂での集会の後、国会へ請願デモ行進。

ごとうさんと
野音では満員で入れませんでしたが、川崎で大活躍の大学の先輩、ごとう真左美さんがみえていたので、千代田地区の、ごとうさんと同時期の法政OBたちとともに撮ってもらいました(^^)
2万人余りが集まったそうです。

議面

請願デモは、議員面談所には共産、民主、社民党の議員たちが出迎えてくれました。維新はいなかったようです。今回は議員面談所前で立ち止まることが、できず。歩きながらだったので、衆院議員面談所前では、斎藤和子さん、もとむら伸子さん、参院では山下よしきさん、市田忠義さん、紙智子さんなどのお顔しかわかりませんでした。

強行の公算が強まっていますが、国民の怒りの声をさらに大きくして、必ず廃案に!

2015年7月16日 11:01 PM | カテゴリー: 宣伝,平和,憲法

ペ ージトップへ