衆院可決許さない!廃案へのたたかいは独裁拒否のたたかい

16日強行した、戦争法案の衆院本会議の強行は許さない!

今日強行しても、法案は条約とも予算とも違い、
自然成立はない。

2度、本会議を通過しないと、法律にはならないのです。

「国民は忘れる」などと言われて黙っているわけにはいかない。
国民の反対の多数世論を、さらに圧倒的な多数にしよう。

子どもたち、孫たちに恥じない結果をだそう。

そのために、1人が周りの1人に、広げよう。話題にしよう。
署名用紙にサインしよう。

「政府が総合的に判断する」など不確かなことをいう安倍政権を、孤立させ、退陣させよう。

今日の宣伝中も、常に、署名板に立ち止まりサインする方が。

「採決しちゃったんですか?」と私に訊ねてきた女性が。私たちと入れ違いに昼休みだというこの方は、澤地久枝さんがよびかけている「アベ政治を許さない」の紙をファイルに入れて、交差点で一人で宣伝していました。「がんばりましょう」とエール交換しました。

 

NHKやテレビ朝日が「今国会で成立の公算大」と、国民をミスリードするテロップを出しました。
国会議員の行動を決めるのは、主権者の国民ですよ。

TBSのニュース23では、「参議院はますます緊迫」と解説していました。
実際、そうだと思います。

志位委員長の本会議での反対討論で、
「憲法9条どころか、国民主権もふみにじった」
「独裁への道」
「拒否してたたかいぬこう」と、国民へのよびかけを渾身の力で述べました。

まさにこれが、いま必要なことです。これからです!

2015年7月17日 12:03 AM | カテゴリー: 平和,憲法

ペ ージトップへ