選挙結果のご報告に回っています・ご協力ありがとうございました!

総選挙最終日の15日、新宿区西早稲田で大山とも子都議、沢田あゆみ区議と一緒に訴えた直後、お子さんと一緒に「冨田さんが最後の話してるよ」と出てきてくれた近くのお母さんが撮ってくれた1枚です。

総選挙では、多くの方々のご支援、ご協力、どうもありがとうございました。

私は得票率を増やし、千代田区では得票も15%ふやしましたが、議席に届かず、
比例代表での躍進もなりませんでした。
ご期待に応えられなかったこと、申し訳ありません。

みなさんのご意見をいただきながら、
捲土重来を期してがんばります。

17日は、朝から終日宣伝カーで流しながら、新宿区内を各区議ともに結果報告して回りました。

沿道からたくさんの手振り、「残念だったな!」「応援してます」などのありがたい声援に感激です!
写真のような、停まっての報告箇所では、
わざわざ家から出てきてくださる方も。

夜は、地域や業者の後援会が開いた、ごくろうさん会4箇所を、
中野顕・新宿地区委員長(1区本部長)、大山都議とともにはしごしました。

自公は、
政党選択である比例での得票が前回総選挙よりさらに減っているのに、
小選挙区制がもたらしたマジックで、320議席超という」極端な議席数に。

争点だったデフレ不況脱却、消費増税の是非、
原発再稼働、
TPP、基地、領土、そして改憲など、

自民の極端な政策で国民やアジアとの矛盾はますますおおきくなることは必至です。

選挙戦で私や日本共産党が訴えたことは、ますます意味を持ってくるでしょう。

投票日当日、若いお母さんからこんな趣旨のメールをいただきました。

「これまでずっと共産党に入れてきた。
東京新聞の候補者アンケートのなかで、
『あなたにとって幸せとは』を40字以内で」への回答を読んで冨田に入れたいと思った。
でも比例はまだ、未来にいれるかどうか迷っていて、決めていない。
3・11後の新しいムーブメントに対して、共産党が手をつなぐ姿勢にでてきてほしい」

この方には、共産党が原発ゼロで積極的に共同してきたこと、その積み重ねの上に都知事選があることなど、お返事さしあげていました。

昨夜遅く、返信いただきました。

「悩んだが比例も共産党に入れた。今回の結果をまだちゃんと理解できていないが、
投票率が高いうえでの結果ではないことと、
一般の私たちはやっと目覚めたところ、これからなんだ、という気持ちがある。

夫に言わせると、『共産党が底力を見せるのはこれからだ』。
憲法が本当に危なくなってしまった今、共産党に学ぶことがたくさんあるだろう。これからもよろしく」
との趣旨でした。

とても勇気づけられたメールでした。

来年の都議選、参院選、
そして大きな矛盾のなかで、いつ解散の状況になるかわかりません。
国民の側からそうした状況を、そしてしっかりみなさんと結びついた、強い日本共産党をつくる決意です。

2012年12月18日 | カテゴリー: 選挙

top

この数日のまちの声・続編

11月30日、
千代田区内の町工場の社長に話を伺いました。
消費税の影響を聞いたら、
「それより景気全体がひどすぎる。みんなお金を使わない。節約節約じゃだめだ」との返事。
「一部(の企業など)にお金がたまりすぎですね。天下に回していかないと」とお話しすると
「それがわかっていない議員が増えすぎた。」と激励してくださいました。

別の業者にお邪魔すると、「『アメリカいいなり』やめなきゃね」と激励してくださいました。
この方は、この4年ほど、消費税や原発のことで話を重ね、署名もお願いしたりし、数か月前から初めてポスターを貼りだしてくださっている方です。志位・冨田のいわゆる「2連ポスター」がもう貼っておけないので、いま、この方のお宅には、「アメリカいいなり もうやめよう」の共産党ポスターが貼ってあるのです。
うれしい励ましでした。

12月1日、新宿の女性後援会が高田馬場駅前でおこなったメガホン宣伝に短時間合流。
このあと、女性たちは練り歩きにでかけていきました。寒く、東京ではマイクも使えない中の大奮闘に感激!

昨日2日、新宿の原町一進会主催のイベント「はらいっぱい祭り」に大山とも子都議、近藤なつ子区議と一緒におじゃましました。

東北から名産品のお店が出ていました。近藤さんが持っているのは八戸方面の「せんべい汁」。私の手には山形名物の玉こんにゃく。イカ付きでした。

お目にかかった男性から「共産党、名前変えたら?」と言われました。
「新しい政党のなかで、ぶれない共産党、どうですか」と言うと、
「確かに、共産党は勉強しているし、筋が通っている。周りでも根強い支持者もいるし」という話になりました。

政党をどう見定めるのか、みなさんの模索が続いている感触を持ちました。
日々、自らの論戦と対話が進化し続けることが求められているし、
それにこたえる政策も党そのものの存在意義も、のばしていただく必要性も、日本共産党はもっていると確信しています。
話の中身と行動をつうじて、人間的にも信頼していただくことを追求しながら、訴えぬいていきます。

2012年12月3日 | カテゴリー: 町のみなさんと

top

この数日間の対話、麻布米軍ヘリ基地周辺での学習・行動

  

青山中学校で行われた、日本平和大会(今年は東京で開催)の分科会。
麻布米軍ヘリ基地(公称:赤坂プレスセンター)について学びました。

米軍、政府の要人をのせ、座間、横田、米大使館、外務省、米軍用のニューサンノーホテルなどを毎日何度も行き交うために米軍が重宝しているのがこの基地。

このヘリ基地を発着する横田基地のヘリが東京都内の学校に緊急着陸するなど、首都圏で何度も不時着の類の事故が発生しています。

最近は、アメリカ3軍それぞれの諜報機関が所在していることもわかってきました。
日本の大学の研究費が減らされ続けている中、研究者に資金を提供して、米軍に資する研究に協力させる活動にも熱心だといわれています。

「将校宿舎」なる施設もあります。官舎のような住宅ではなく、たとえば三沢など、離れた米軍基地から兵士たちが休暇で東京に遊びに来て、六本木などに遊興に来た兵士に便宜を与える場になっているそうです。

毎年4月に地元の撤去を求める集会が開催され
私も可能な限り毎年参加しています。

撤去実行委員会が港区やに東京都、外務省、防衛省、隣接する新国立美術館、文化庁など、各方面に長年粘り強く働きかけるなか、
2008年には、港区が区民被害調査・アンケートを行いました。
港区議会はたびたび全会一致で撤去決議を挙げており、
区長、議長もアメリカ政府、国、都に要請行動を毎年のように行っています。

安保絶対の政治を変えれば、港区民はヘリ被害、墜落の恐怖から解放されるとの思いをあらためて強くしました。

11月29日、風見利男港区議が活動する青山・西麻布・六本木後援会の決起集会を兼ねたつどい。

自営の男性から「商売は食うか食われるか。頑張って所得が増えたら所得税が大幅に増えた。消費税はいいのでは」
「原発即時ゼロは実現性がないような気がする」

原発ゼロを望むという女性から「公務員の人件費、人数を減らすことに賛成ではないのですか」など、

ざっくばらんな意見、質問をいただきました。

消費税に頼らない道について、法人税や、所得1億円を超える富裕層の所得税が不公平におまけされている実態を紹介したり、

原発の最大の焦点は再稼働をゆるすかどうか。活断層の恐れがある原発を動かすほうが無責任。火力を使いながら、5年~10年で再生可能エネルギー普及を急速に進めるプランもご紹介しました。

公務員については、削減は国民のためにならないことを紹介。
東日本大震災で浮き彫りになったのは、「平成の大合併」で自治体再編がすすみ、市町村が大きくなって、
職員も減り、住民と役所・役場が遠くなってしまったことが、
震災直後の深刻な人手不足につながりました。

公務員の3分の1がすでに非正規雇用で、官制ワーキングプアを国や自治体が大量生産していて、経済にマイナスをもたらしていることも紹介しました。

先述の男性は、「いま、共産党がぶれないというのはいいと思う。」「共産党や冨田さんに託せるか見定めようと思って来た。こうやって直接話せると、いいと思う。ネットやメディア活用もがんばってくれるよう期待」と話してくれました。

貴重なお話を伺えたつどいでした。

2012年12月3日 | カテゴリー: 町のみなさんと

top

事務所開きの様子をあらためてお伝えします

先日行った、冨田なおき事務所開きには、たくさんの方々がつけかけてくださり、ごあいさつもいただきました。司会は昼の部:沢田あゆみ新宿区議、夜の部:あざみ民栄新宿区議。

  

新宿区後援会長の横田和俊さん、港区後援会事務局長の斉藤正一さんから、地域のあらたな変化と決意が語られました。

  

革新都政をつくる会からご参加の、新千明さん(昼の部)、大山とも子都議会議員(夜の部)からは、石原都政を転換していくことが国政転換と相まって大事になっていることが浮き彫りになるお話が。

我が家の地元、御茶ノ水・外神田後援会のKさん(昼の部)からは、
銭形平次が神田明神下にいたという話から、「今の政治に十手で転換を」とエールをいただきました。

川口市議の金子ゆきひろさんも夜の部にかけつけてくれました。
金子さんの学生時代にともに活動したり、早朝配達で一緒に汗を流した話をしてくれました。

千代田労働者後援会のTさんは、有楽町で吉良よし子さんと一緒に行っている朝宣伝のようすを紹介。「若い弁士が切磋琢磨して頑張っている」と。

そして、昼の部では、福島からお子さんと一緒に千代田区内に避難されている、Mさんがごあいさつくださいました。

地元選出の民主党の復興副大臣は陳情に行ったお母さんたちに「我慢して早く福島に帰りなさい」と告げただけだったこと。

被災直後から、共産党が被災者の話を聞き、ともに涙し、行動してきたこと。

冨田が現在の避難先に日刊「しんぶん赤旗」をお届けしていたことにふれ、
「冨田さんの足音が聞こえ、コトンと新聞が落ちる音が聞こえます。私は心の中で頭を下げています。
(東京1区で)玄関先まで来てくれる政治家はほかにいません」。
国政に声なき人たちの声をとどけてほしいと、心からの期待の声をいただきました。

私は、今回は絶対に負けられないたたかいであるという決意を申し上げました。
自主避難の子どもたちにお金の心配なく、避難先でも内部被ばくの検査も受けさせたい。

35年前に横浜市の住宅街に米軍機が墜落、当時3歳と1歳の子どもが「パパママ、バイバイ」の言葉を最後に殺されたこと。東京23区唯一の米軍基地を抱える東京1区から、「基地はいらない、原発もいらない」議席を。

子どもの命を守り、

人が人として尊重される政治を今回は何としても実現しなければ。

アメリカや財界に物を言える共産党躍進と私、冨田なおきを必ず国政に送り出してください

笑いと涙で「共産党躍進、冨田なおきで必ず政治を変えよう!都政転換!」という思いが会場みんなのものになった事務所開きになったと思います。

私はみなさんのこの願い、思いを国政のなかで語れるよう、明日からのたたかいに臨みます。全力でたたかいぬきます。

2012年12月3日 | カテゴリー: 選挙

top

東京1区公開討論会の動画が公開されました

11月28日に早稲田大学大隈講堂で行われた、
東京青年会議所主催の東京1区公開討論会の動画が公開されました。

関係者の皆さんは、急転直下の日程の中で、
何日も寝ないで頑張った方もいらしたと聞きました。
本当に感謝申し上げます。

そして、民主党の前職が「公務」を理由に欠席なさったことは極めて残念です。

前半部分はこちらからどうぞ。

後半部分はこちらからどうぞ。

翌日朝放送されたテレビ朝日「やじうまテレビ」では、討論会での一人一人の発言が放映されず、
描かれた「経済専門家対決」なるシナリオに強引にはめこんだ印象が強く残った
(結果として、ほかの方々との対比で冨田の発言の具体性が目立ったとのご意見もありました)のですが、

通してご覧いただけると、

就職難とブラック企業に苦しむ学生・若者、
無年金・低年金の高齢者、
原発被害に苦しむ福島の青年や子を抱えたお母さん、
消費税に「首くくる」などの町の声をじかに聞き、
国政に反映する「土台」を持っているのは、
誰かいうことがリアルに感じていただけるかと思います。

若者へのメッセージでは、
年金などをめぐり世代間の対立をあおる方々と、
雇用と中小企業を応援して現役世代の収入をアップしようという私の対比(みんなの党小斉さんは、雇用よりも企業だと述べました)、

再生可能エネルギーは「お金がかかる」と背を向ける自民党、
「核兵器に転用できる可能性がある。安全保障にかかわる」と言って原発依存を強く示唆する維新の会、
再稼働認めるかどうかを明らかにしないみんなの党。
「即時ゼロ」を決断しないことこそ非現実的で無責任だと私は述べました。

消費税、経済成長、法人税については、
維新の会の加藤さんが私に二度にわたって論戦を挑んでこられて、
私が明確に返した場面もありました。

加藤さんは金融緩和をおっしゃっていたと記憶していますが、
自民党・安倍総裁と同様のご意見です。
私は、内需をあたためないまま緩和しても企業の投資に回らないことを指摘し、
国民の暮らしを守り、所得を増やすことを提案しました。

9条改憲、領土・安全保障では、
自民・山田さんに私が質問し、
山田さんご自身も自衛隊を戦争できる「国防軍」に変えるおつもりであることを認めた場面も。
みんな・小斉さんは日米同盟強化だそうです。

全体として、みんな、維新が自民党と極めて共通の流れにあり、
日本共産党との正面対決だということが、
お聞きの皆さんには感じていただけるかと思います。

2012年12月2日 | カテゴリー: 演説会、つどい、学習会

top