九州豪雨被害救援募金訴え・日本共産党創立95年の日に

縮小

(この記事は7月15日にgooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tomita-naoki/に掲載したものです)

今日も東京は暑い1日でした。

九州の豪雨被害にあわれた方々の健康が心配です。
御茶ノ水駅前で、飯島和子区議、千代田地区のみなさんと救援募金を訴えました。

学生風の若い方を含め、多くの方々が歩み寄って募金を寄せてくださいました。ありがとうございました。

同時に、「しんぶん赤旗」日曜版の見本を渡しながら、国政転換の訴えもしました。

今日は、日本共産党の75周年の創立の日です。
1922年に産声を上げたときは、他の欧米の共産党とも違い、できたときから非合法。
アカ呼ばわり、生命をも奪った過酷な弾圧は、21世紀の日本社会にもまだその痕跡(頭っからの偏見)が皆無ではないほど、
国民の思考にも感情にも痛々しく刻み込まれました。

この時代に旗を降ろさず、主権在民、戦争反対を掲げ続けたことは歴史から消すことのできない事実だと思っています。

少し話が長くなりますが、この時代に、当時の政府は、日本共産党に対し、治安維持法をつくり、改悪し、死刑を含む厳罰で臨みました。
それは、社会主義をめざしたからだと思われる方もおられるかもしれませんが、そうではありません。
日本共産党のほかにも、社会主義政党はありました。しかし、存在は否定されませんでした。

違いは、主権在民をめざしたかどうか=「(天皇主権の)国体を変革し」ようとしたかどうか。
そこが天皇絶対の当時の政府にとって、許せなかった。主権者が天皇ではなく国民というのは、いまじゃ、当たり前なのですが。
「共産党=危ない」というイメージの源流は、当時から権力の急所を押さえていたからということにあったということです。

さて、話を戻します。
安倍政権への国民の怒り・不信は、都議選で自民党に歴史的な審判が下ったことでは終わりません。

時事通信の調査でも、内閣支持率はついに20%台に。いよいよ引きずり降ろさねば。
それは、自民党内の首のすげ替えでは何も解決しません。「ポスト安倍」と言われる人たちは、
秘密保護法、安保法制、共謀罪に賛成した自民党議員ですから。

立憲主義・民主主義を踏まえた、立憲野党と市民の共闘でこそ、安倍政権に代わる受け皿になりえます。
憲法と個人の尊厳・権利を守れる政府にしてこそ、

かつてない格差と貧困にも、有効な対策がうてるし、

国連加盟国の3分の2が賛成してついに採択された、核兵器禁止条約に現政権のように背を向けるのをやめ、
唯一の戦争被爆国として、核保有国・開発中の国に声を合わせてものが言えるようになります。

この日は、「がんばって」「(赤旗)読んでますよ」など、声をかけて下る方多く、
暑さの中、署名も通常以上に協力していただけました。

いよいよ、すみやかな解散・総選挙へ追い込むべく、日々、歩みを進めます。

 

 

 

2017年7月16日 12:02 PM | カテゴリー: 宣伝

top

臨時国会開会 安倍暴走政治に正面対決の決意

160926霞門

(9月26日のツイッターより)この日から国会。霞が関・日比谷公園霞門付近で千代田地区の朝宣伝で木村正明、飯島和子とともに訴え。豊洲の工事費高騰のからくりを独自取材した赤旗日曜版の見本を配り、国政では野党党首会談でのこの間の合意とともに、総選挙でもできる限りの協力を確認したことをお知らせしました。

2016年9月27日 11:26 PM | カテゴリー: 宣伝,憲法

top

各地で反応熱い!20日は東京1区・野党4党トークセッション

160513御茶ノ水縮小

 

先週後半から週末は、東京1区内の各地で訴えました。

13日(金)の御茶ノ水駅頭。
「赤旗」号外や「あなたの働き方 ブラックじゃない?」(山添拓・参院東京選挙区予定候補の若者向けリーフ)、「Red Flag Press」など の内容を紹介。

1、学生が経済的理由で学べないことのないよう、
(1)大学の授業料を毎年値下げし、10年後に半額にすること(予算規模は毎年1100億円増)、

(2)返済不要の給付制奨学金を月3万円で創設し、まずは大学生の4人に1人にあたる70万人に給付すること(予算規模は2500億円)、
(3)大学内にブラックバイトの相談窓口をもうけ、
労働法教育をカリキュラム化することを提案しました。

2、就職や雇用のあり方を巡って、
(1)最低賃金を緊急に全国一律時給1000円以上に引き上げ、1500円をめざすこと。
厚労省の社保審議会の試算では、東京の最低生活費は税・保険料抜きで月19.2万円です。
フルタイムで働いても時給1500円は必要です。
(2)サービス残業をなくすため、残業代2倍のペナルティを企業に課す。1人当たり年185時間と推計されるサービス残業を一掃してワークシェアしたら、正社員300万人分の雇用が生まれます。GDPが5.5兆円増え、税収が9400億円増えます。

(3)同一労働同一賃金を労働法に明記し、非正規の貧困を解消すること

(4)認可保育園の増設、若者への家賃補助、一人親家庭への児童手当の拡充、中小企業、保育士や介護職員などの低賃金を国の予算で抜本改善し、生活保障中心の予算編成に変えること

(5)3年前の共産党躍進以降1歩前進した、ブラック企業の情報開示(2016年から部分的にスタート)を全面的に進め、「ブラック企業規制法案」を成立させて労働時間に絶対上限を設ける。「残業の上限は年360時間、月45時間、週15時間」という政府告示を労基法に明記し、抜け道をなくすことなどを訴えました。

この日は、自分から受け取りに来る若い学生風やサラリーマン風の方も多く、
立ち止まって聞いたり拍手をくださる方も。聞いてくれている感触があり、手ごたえが増えてきました。

その0

その3
土曜は党都委員会の宣伝カーで大山とも子都議、沢田あゆみ区議と新宿区内で訴え。
告知を見て駆けつけてくださった方や、立ち止まってくれた方も多く、元気をチャージさせていただきました!

その1
日曜は千代田・神保町で神保町後援会、飯島和子区議と熊本地震の救援募金を訴え。
住宅再建の支援金の上限を、いまの300万円から500万円に増やす野党4党の法改正案への後押しも訴えました。

その2

夕方は都委員会の宣伝カーで港区内を大滝実区議とともに。
麻布十番では出発間際に通った女性から「応援してます。名前は?」と聞かれ、助手席から名刺を渡して別れるという場面もありました。
どこでも話に耳を傾けていただいている感触が共通でした。

参院選1人区は、32選挙区のうち、26で統一候補が決まりました。全1人区での統一が視野に入ってきています。
日本共産党は、850万票以上で比例で9議席以上、選挙区で定数が複数の13区での勝利で、改選3議席を22以上に増やす決意です。

衆院選でも、野党4党が「できる限り協力」するために模索と努力をすることが13日の4野党書記局長・幹事長会談で確認されました。
大事な前進です。

東京1区では、20日午後時から、新宿・ネイキッドロフトを会場に、
市民団体グラスルーツ・ラボ(ツイッター@grassrootslabo)が主催する、野党4党(民進・海江田万里さん、生活・のざわ哲夫さん、社民・かわの達男さん、共産・冨田なおき)
のトークセッションが予定されています。
私もとてもお楽しみにしています。
ぜひご参加ください。

2016年5月16日 1:10 AM | カテゴリー: お知らせ,宣伝

top

参院委員会「採決」は無効!たたかいは続きます

この記事は、2015年9月18日にgooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tomita-naoki にアップしたものです。

 

けさは雨が強まりましたが、ツイッターでも投稿した通り、大手町で宣伝を決行しました。 強い雨の中、ビニール袋に入った『しんぶん赤旗』が若い人中心に受け取られました。 戦争法案への関心が、都心で働くホワイトカラー層にも高まっていることを実感します。

 

参院特別委員会で「採決」が強行されたと報道されています。 しかし、小池晃議員のツイッター(私もリツイート済み)や井上さとし議員が『朝日』の取材に応えて明らかにしているように、 議事録を見ても、誰が何を言ったのかもわからない「採決」は、無効です。 与党が強行を続けても、国民のたたかいは、ますます大きくなるでしょう。 国会前での「賛成議員は落選させよう」のコールでも言われているように、 安倍政権を引きずりおろし、自民・公明を少数派に追い詰め、 新しい政治をつくるためのあらたな運動が、急速に発展することは間違いありません。

2016年5月3日 12:38 AM | カテゴリー: 宣伝,憲法

top

委員会強行採決、絶対許さない

(この記事は、7月16日未明、gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tomita-naoki にアップしたものです)

 

昨日のfacebookには、書きましたが、 若者からの反応が、急速に強まってきました。

署名に足を止める方が、若者を含め、急増しているのです。

 

委員会強行採決を受けて、今日夕方に神保町交差点で行った宣伝。 木村正明区議先頭に訴え。

他会派の区議も通られ、自らチラシを手に取っていかれました。

神保町その2

何をしたらいいんでしょうか」という中年女性が話し込んでいかれました。 一人一人が、できることを精いっぱいやるしかありません。 政府と与党に立ち向かうには、 「誰かが、何とかしてくれる」ことはありえないのです。

日にちは前後しますが、 14日の「憲法共同センター」の署名提出行動に参加しました。 宮本徹衆院議員が強調していました。

戦争法案は、条約と違って、自然成立はない。 予算と違って、衆院の議決が国会の議決になるわけではない。 衆院本会議を仮に通したとしても、 参院本会議、または、衆院本会議を(今度は3分の2で)通さなければ成立しないのです。 これは、いまの世論のもとでは、極めてハードルが高い。

 

15日夜、国会前です。 10万人集まったそうです。 1人が1人を連れて来れば、20万人です。 ここががんばりどころ。 本会議採決なんて、許せません。 一層、がんばりましょう。

2015年7月16日 11:30 PM | カテゴリー: 宣伝,平和,憲法

top