2014年12月2日・新宿での冨田なおき・公示第一声

141202新宿第一声

12月2日、総選挙が公示されました。 私、冨田なおきは、 新宿駅西口で、志位和夫委員長と、 笠井亮・宮本徹・池内さおり・坂井和歌子・大田朝子・吉岡正史の比例東京ブロック各候補と一緒に、第一声の訴えを行いました。 約5000人の聴衆に聞いていただき、拍手、手振り、終了後移動する際の拍手など、 熱烈な反応に勇気百倍です。最後まで元気に、全力でたたかいぬきます。 大要を掲載します。

おはようございます。新宿・千代田・港の小選挙区東京1区から立候補しました、日本共産党の冨田なおきです。
私が何より訴えたいのは、平和の問題です。
私の2人の祖父は、兵隊にとられました。乗っていた船が「マリアナ沖海戦」で撃沈されるなど、九死に一生を得て戻ってきました。戦後、一人は自民党員に、もう一人は共産党支持者になりましたが、口をそろえて言っていたのは、「もう二度と戦争はしてはだめだ」という言葉でした。 多くの日本国民が、党派に関係なく、共有してきた思いではないでしょうか。

ところが、安倍政権は、この国のありかたを変えようとしています。総選挙の後の国会に、集団的自衛権を実行するための法案を出そうとしています。そうなれば、自衛隊が、外国で戦争できることになります。 息子の小学校の親同士でも、「子どもが血を流させられるのは絶対に嫌だ」という話が出ています。私は、こんな政権は絶対に許すことはできません。

私は学生時代、アジアの留学生たちと交流しました。侵略の反省を踏まえて、相手の話をよく聞きながら、自分の意見も積極的に伝えることが信頼につながることを学びました。軍事力にたよらず、9条を活かした、積極外交こそ、アジアの平和をつくるのではないでしょうか。
私は一人の父親として、また、92年間、戦争反対をつらぬいてきた、日本共産党の一員として、平和を守り抜くため、この選挙を全力でたたかいぬきます。どうぞよろしくお願いします。

  みなさん、昨年の東京都議選と参院選で、東京では共産党が民主党をぬきました。ブラック企業の規制が始まりました。共産党を伸ばせば必ず政治が変わります。比例は共産党の議席を大きくふやしてください。そして小選挙区東京1区では私、日本共産党の冨田なおき、国民を絶対に裏切らない1議席、必ず国会に送り出してください。どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

2014年12月9日 2:22 AM | カテゴリー: 選挙

top

参院選・東京と京都で第2党!開票立会人として千代田でも日本共産党躍進を実感

 

21日の参院選では、大変お世話になりました。

 

投票日は、終日、党支部のメンバーと一緒に「棄権防止活動」。

 

一瞬だけ自宅に寄り、千代田区役所へ。 20時20分集合で、比例代表の開票立会人をおおせつかっていました。 ちなみに、選挙区の吉良よし子陣営代表は牛尾こうじろうさんが務めました。

 

私にとっては、2011年の区議選以来2回目です。

 

比例代表は、1983年から始まった制度。 選挙区ごとの「組み合わせ」がありません。 すべての政党が全国1本で競います。すべての党が選択肢です。 死票もきわめて少なく、政党の実力が試されます (2001年から、個人名でも投票できるよう、制度が変えられてしまい、他党が「人気者を担いで票を稼ぐ」ことをするので、有権者が「政党を選ぶ」意味合いを見えなくされている面も感じますが)。

 

党名で書かれた票は速やかに分類され、立会人200票ずつの束が回ってきます。 都議選とほぼ同じ、2200票まできてなかなか票が来ない(票を仕分けしている)時間が続きました。

 

1枚だけでしたが、無効になるべきの票が某党の有効票に紛れ込んだのを発見してしまいました。 1枚の用紙に個人名と党名が並べて書いてあったのですが、その党は上記の某党とは別の党。 疑問を投げかけたら再度審査され、無効票という結論に。 やはり立会には、公正な選挙を担保する意味があるんだな、と実感しました。

 

その後、145票の党名票、私の予想を上回る184票の小池晃票など、日本共産党が千代田区で獲得したのは合わせて2585票(10.6%)。1998年に次ぐ史上2番目の得票です。

 

2010年の前回参院選では1399票(5.5%)、

昨年12月の総選挙では1400票(5.0%)、

6月の都議選の冨田票は2231票(12.9%。選択肢は3人だけでした)でしたから、

 

短期間で、共産党の得票が増えたことがはっきりわかります。 前回比で比例得票を増やしたのは、千代田区では共産、自民、公明党。 全国では、共産、自民の2党です。

 

日本共産党の力は千代田ではまだまだ小さい(今回は民主を上回り自民(10253票)、みんな(3357票)、維新(2864票)に次ぎ比例第4党)ですが、

全国では515万票でみんなの党を上回り第5党、

東京では77万票で、みんな(71万)、公明(68万)、維新(63万)、民主(58万)を上回り、 首都東京で、初めて自民党(179万)に次ぎ第2党になりました。

 

そして東京選挙区でうれしい吉良よし子さんの当選! 私も駆けつけたかったのでそこだけは残念ですが、

 

千代田区でも、共産党や支持者のの手の届かない方々が、少なからず共産党に新たに投票してくれた、 画期的な選挙結果に立ち会うことができ、疲れも吹き飛ぶとはこのこと。

 

自宅に着いて一息入れていると、京都、大阪の選挙区勝利とともに、 比例で5議席に到達しているではないですか! 国政選挙で日本共産党が議席で前進したのは15年ぶりです、 獲得議席で目標(今回は比例で5議席)に達したのも、久方ぶりのこごごと。

 

新たなご期待に応えて、いっそうがんばります(^^)

 

 

 

2013年7月23日 4:30 PM | カテゴリー: 選挙

top

吉良よし子 なんとしても国会へ! 2013.07.19

吉良よし子 なんとしても国会へ! 2013.07.19

こちらからどうぞ!

2013年7月20日 11:19 PM | カテゴリー: 選挙

top

吉良よし子 街頭演説その3 2013.07.17

吉良よし子 街頭演説その3 2013.07.17

こちらからどうぞ!

 

2013年7月20日 10:48 PM | カテゴリー: 選挙

top

共産党と吉良よし子の議席の値打ち・最後まで語りぬく大事さ、今日の対話で実感

小池縮小

 

比例候補の小池晃副委員長が、有楽町で訴えました。 私は司会を務めました。 それに先立ち、メガホンでロングラン宣伝。

近場で他陣営がマイクで訴えていて、わが方はマイクの音が出ていなくても、 「あなたの会社も『ブラック企業に』?!」 「賃上げの具体策があります」のビラや

最後まで、有権者の模索は続いていると、強く感じます。

小池さんの演説が始まると、人が立ち止り、 写真を撮ります。

政治家ウォッチャーとして知られる、 先日の東京新聞にも登場した、 あの人も最前列でスマホ片手に聞いてくれていました。

撮ってすぐ立ち去る人は少なく、 じっと話を聞いてくれています。

原発のコストは高い。 それ以前に、 コストより大事なものがある。 子どもたちの命だ。

日本共産党の世直しドクター・小池晃の真骨頂を聞いた思いです。

必ず、日本共産党がめざす、比例5議席実現へ。 定数5の東京選挙区では、大接戦。 マスコミ予測を使って、 「吉良さんは大丈夫」など、切り崩しにかかる陣営もあります。

仮に1割でも他陣営に流れたら、どうなる?

最後まで、日本共産党の支持を増やし続け、 議席の値打ちを語りぬくことが大事だなあ。 そのことを感じる対話が今日ありました。

共産党について話したことがあまりなかった知人Uさんが、 「とっくにソ連は崩壊、中国は資本主義化。 日本共産党は本音のところで何をめざすのか。 金はどうしてるのか。ほかの人には聞けない。聞きたい」と言ってくれ、

その人のおうちで一緒にお昼をし、 そのあと語り合いました。

日本政治ののネックは、全部アメリカのいいなり、 財界の利益優先。

これを変えれば、資本主義の枠内でかなり国民の命、くらし優先の政治ができる。 さらにその先の展望として、社会主義をめざすことを話しました。

海外各地での生活経験もある方。「社会主義に到達した国はまだないと考えてる」というと、 「そうそう。あんなの社会主義じゃない」と、ぐっと共感。

日本共産党の綱領を見てもらい、 日本の政治がどうにもならない根っこのひとつ、日米安保条約をやめることを訴えると、 「安保をなくして、9条守ることと両立する?」と、 率直な問い。

今やアジアで軍事同盟に入っているのは韓国と日本だけ。 日本がそれをやめれば、北東アジアの緊張緩和になること、

日本政治が戦前から引き継いでいる、戦争無反省のDNAを断ち切ることと一体で、 大事だと思っていると話しました。

領土外交をめぐって、日本の政治が根拠をもって、道理で国際社会にアピールすること。 そのためには、どこが「戦争でぶんどった土地」で、 どこが「正当な日本の領土」かを言えないと話にならない。 過去の侵略に無反省な政党・政治家たちは、この基本的事実をはっきりと認識できない。

同時に、竹島のように、日本の侵略とほぼ同じタイミングで領有したため、 相手側が、本気で日本が奪ったと固く信じていることもあり、 相手が何を考えているかを分かったうえで、侵略そのものの反省をベースに交渉に臨むことが大事だと思います。

「自民党が圧倒的な議席と言われている中、 TPP加入、改憲を必ずやってくる。 どうにもできないのか」という思いも出されました。

いまも改憲勢力の議席は3分の2。 それでも、国会を通してこないのは、 世論の力をおそれているから。

衆議院の憲法調査会でも、憲法を守る議席は日本共産党の笠井亮議員一人だけ。 でも、 自民の某氏に「日本共産党の笠井さえいなければ」 と言わしめた、共産党の議席が存在する重み。

民主党政権はあっという間にだめになってしまったけれど、 民主やみんなの党など、自民党と同じ土俵でなく、 自民党の政治と正面からたたかえる共産党がのびてこそ、

共産党との連立相手も生まれてくる。

これからの原発再稼働ストップに向けた見通しも語らい、

比例代表の投票方法も確認し、 共産党支持を初めて約束してくれました。

互いの思いを出し合えて、とてもうれしい対話ができました。 Uさんに感謝。

比例は「共産党」(比例候補の個人名でも可)と書いていただければ、 1票がすべて議席に結びつきます。

選挙区は日本共産党の候補者を。 東京選挙区は、憲法守る、原発即時ゼロ、ブラック企業根絶、消費税増税ストップで暮らしと社会保障守る唯一の候補、 吉良よし子へ。

チャンスを現実のものに!

政治を変えるのは、政治家や政党(だけ)ではありません。 有権者一人一人の力です。

 

 

 

2013年7月20日 10:24 PM | カテゴリー: 選挙

top