避難住宅提供打ち切りについてのレクチャーに参加しました

その2

 

 

 

(この記事は11月28日にブログhttp://blog.goo.ne.jp/tomita-naoki/でアップしたものです)

 

福島原発事故の区域外避難者(いわゆる「自主避難」)への応急仮設住宅の無償提供が国と福島県の方針で来年3月末で打ち切られる問題についてです。

山添拓参議院が政府の内閣府、復興庁、財務省から受けたレクチャーに、
避難者の女性、小竹ひろ子都議、衆院東京4区予定候補青山コウヘイさん、大田区の都議予定候補佐藤伸さん、藤田りょう子さん、沢田あゆみ新宿区議とともに参加しました。

 

その7トリミング

都内では、避難者は福島県からのアンケートに対し繰り返し「ここにそのまま住み続けたい」と回答し続けています。
しかし、災害救助法にもとづき、これまで福島県が求めてきた住宅を都による「国に返さなければならないから3月31日以降はここには住めないんです」と繰り返し脅迫まがいの対応や都営住宅に申し込むよう執拗に求められたりしていることについて、政府は把握していないと答えました。

そもそも、国は福島県の求めによって、住宅を提供することをやめ、福島県中心の支援スキーム(枠組み)に移行するのだ、
切りすてではないといいますが、来年4月1日以降、都営にあたらなかったり、そもそも収入があって入居資格もない人は、行き場がなくなります。
1人暮らしの高齢者いれば、小さい子どもがいて、放射能の影響が科学的に完全に明らかになっていない以上、避難を選択する人がいて当然。

これらろ人をどうするのか、政府は6人とも沈黙で、まったく答えられません。
しかし、国の支援から離れるので、追跡調査などはしない、関知しないと政府は言うのです。
今回のやり方は、選択の自由を事実上認めず、福島への強制帰還政策ともいうものです。

災害救助法の枠組で応急仮設住宅が提供されていますが、今回政府も認めたように、もともと原子力災害を想定していません。
5年上経過しているわけで、新たな立法措置をする対応があってしかるべき。それもしておらず、都道府県に任せて放置しようというのはあまりに無責任。原発を推進し、事故を起こした責任がまったく感じられない態度もあり、山添議員が冷静な態度ながらも厳しく指摘しました。

政府は、従来の今年度までは子ども被災者支援法にのっとり「避難の権利」を認め、国は支援してきました。そのことと、今回行おうとしている対応は明らかに矛盾します。

応急仮設住宅の一部にも使われている国家公務員住宅を管理する財務省からは、
現に入居している避難者がいる以上、
大挙していない段階で、「次は何に使う」という計画があるわけではなく、
引き続き住宅を提供する物理的障害はないこともはっきりしました。
私も、来年度からの住まいが定まらないために、子どもがどこの学校に入学したらいいのか苦悩する親御さんの話を紹介し、
国の責任で住宅を提供する決断を求めました。

山添さんの非常に説得力ある質問ぶりにより、国の不当性が理詰めで明らかになり、
クリアすべき問題点が見えてきたように思います。

2016年12月2日 12:06 PM | カテゴリー: 震災、原発、災害、募金

top

公示前最後の金曜・官邸前行動

その1

先週の金曜、再稼働反対の官邸前行動の「昨日のエリア」に参加しました。

福島・浪江町にお住まいだった女性が発言。
避難先で夫がうつになり、内臓を壊して亡くなったことを話されました。

人の一生を台無しにする原発事故。
絶対に、なかったことになどさせない、との思いを強くしました。
総選挙前最後の金曜。
顔見知りの参加者の方何人かから「がんばりましょう」と握手で励ましいただきました。
みんなの思いを、目の前にある国会に必ず勝ち抜いて届けたい。

その思いがいっそう強くなる一方です。

2014年12月1日 11:50 PM | カテゴリー: 震災、原発、災害、募金

top

福島原発事故の実情置き去りの「エネルギー基本計画案」は撤回を

政府が「エネルギー基本計画」案を発表しました。

原発を「重要なベースロード電源」と位置付けています。
コストが安く安定的な電源なのだそうです。

一方、再生可能エネルギーの太陽光や風力は、需要の大きな時間帯だけを受け持つ「ピーク電源」との位置づけです。

再生可能エネルギーの普及を議論したうえで、足りない電源について議論するのでなく、
原発再稼働が先にあり、再生可能エネはその枠内におしこめる議論と言わなければなりません。
言い換えれば、原発再稼働が進めば、再生可能エネはまじめに普及しなくてもいいという発想。
3・11の前の姿勢に事実上無反省に戻るというのは、どういうわけでしょうか。

原発は、いったん事故が起きたら、取り返しがつきません。
予想もつかないような被害。これほど高くつくものはないし、
時間的にもとほうもない被害です。

私に身の回りに福島県内から「自主避難」している方々がいますが、
夫と離れての生活、
周囲や家族からの「福島は大丈夫だ、帰ってこい」の声、
「線引き」されている外の地域から避難しているため、賠償金など無縁なのに「お金ももらったんでしょ」の心無い声など、

国や東電だけでなく、想像を絶するほど、多くのものとたたかっておられます。
全町避難が続く双葉町の井戸川克孝前町長が、
「福島原発事故で苦しんでいるわれわれのことを、政府は片隅に追いやろうとしている。事故に対する反省が全然みられない。
被災地の実情を巧妙に隠し、本当のことを国民に知らしめない中で原発を推進しようというのは、暴挙だ」
と憤るのは当然だと思います。

今回、経済産業省が行ったパブリックコメント(意見公募)は、代表的な声を紹介するだけで、
賛否の比率を明らかにしていません。しかも集約された「128の主要意見」に、同省がコメント(反論)をつける念の入れよう。

安全性が確認された原発は「再稼働を進める」と明言です。
これを「原発推進」といわずして何というのか。

自民党も「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の構築」を公約していたはずですが。

パブコメでは再生可能エネの推進を求める意見も目立ちます。
政府は原発依存は強調しながら、
再生可能エネについては「導入を最大限加速」と抽象的にいうだけ」で、見通しも明らかにしていません。

原発再稼働に向ける資金や熱意を再生可能エネに回せば事態は変わってきます。
政府案にあきらめるのではなく、撤回を求めていきましょう。

2014年2月28日 12:37 AM | カテゴリー: 震災、原発、災害、募金

top

子ども・被災者支援法「基本方針案」へのパブコメを出しました

東電福島原発事故で被害にあった方を支えるための法律「こども・被災者支援法」。2012年6月に成立しましたが、具体策の実施のための「基本方針」策定は、1年以上も、たなざらしにされていました。

ところが、8月30日、この子ども・被災者支援法の「基本方針案」が突然発表され、パブリックコメントの募集も始まりました。締め切りは9月13日でした。たったの2週間でしたが、〆切が延長され、9月23日(月)までとなりました。

私も国民の一人として、 意見をネットで提出しました。

こちらから、9月23日まで、まだ出せます!ぜひ、ご覧のあなたも。

2013年9月20日 1:31 AM | カテゴリー: 震災、原発、災害、募金

top

動画20130628 「声をあげよう」マイクリレー@国会前ファミリーエリア

(この記事は6月30日にgooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tomita-naokiにアップしたものです)

一昨日の国会前、ファミリーエリアでのリレーコールの模様です。Youtubeをブログにアップするのは初めてなので、うまくいくかわかりませんが、ごらんになれれば幸いです。

私もコールしている様子がばっちり写っています。気合入れました!

 

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=RTtCut3VNcA

 

 

2013年7月2日 12:06 AM | カテゴリー: 震災、原発、災害、募金

top